いつかGlasgowで朝食を

英語・スペイン語・洋書・文通など趣味についてゆるく書いています

IELTS 2回目受験してきました。少しだけスコアが上がったよ

今月の始めに、IELTSの試験を再度受験してきました。とにかくどんな試験なのか把握するために受けた練習試合みたいな初回の受験とは違い、今回は1年越しのガチ受験でした。昨年の10月以降から英語学習も下降気味でしたが、新年開けてからはちまちまこつこつと学習してきました。

昨年、初めてIELTS試験を受けてきた感想はこちら。読み返したらめちゃくちゃ遅刻ぎりぎりでウケる。どんだけ準備足りてないんだよ。でも前回の反省をいかしているので、今回は遅刻せずに間に合ったし、荷物も少なめで行ったよ。

www.neujournal.net

独学ではむずかしいライティングは置いといて、文法をやり直したりシャドーイングやったり単語覚えなおしたり地道に続けていたかいあってか、多少はスコアが上がりました。多少はね。 下が前回のスコアで、上が今回です。

f:id:asssy:20210626152205p:plain

Rは変わらずですが、listeningが1.5上がっていて嬉しい。シャドーイングの効果でしょうか。これからも続けよう。

writingのスコアが上がっているのは、前回が書き方がまったくわからずとりあえず文章を書いていたのに対して今回はそれとなく書けていたかもしれない。 次は1.0上げたい。タスク1をきっちり書けるようになればいけるかもしれない。

スピーキングは、今年の3月からPreplyで英会話始めたのが効いているのかも。だいたい週に1回タイ在住のイギリス出身の先生と会話しているのがよかったかも。やっぱり日頃、話す機会を増やすのが一番いいですね。

今後は、7月11日にTOEICをまた受けてきます。あと2週間くらい。リーディング問題解きまくって700点超えたいな。それが終わったらまた夏期講習みたいに対策クラスに通うかもしれない。ひとまず7月は独学とTOEIC対策を進めて、7月末から通おうかな。

今まで英語のテキスト買いすぎで一旦ストップ掛けていたのですが、最近英語に限らずまたほしい語学テキストが出てきて買いたい気持ちが湧き出ています。

最近気になってるのはここらへん。

もう単語覚えるのに、ただ羅列してるだけの単語帳はいらないよと思っているのと、シャドーイングの効果を実感しているので英語×◯◯で知識を身につけたいわけです。そしてできれば外国の歴史を知っておきたいとなると、適しているのはこういった教材かな〜と思います。

これはスペイン語の中級レベルの本なのですが、外国語を学ぶにあたってこういった歴史や文化をその国の言葉で学べる本が一番良いのかなと考えました。ただ単語帳眺めたり文法やったりするのも最初は大事ですが、目的はその国の人たちと会話することですからね〜。教科書っぽくない教材が今はほしいかも。

そしてこっちはフランス語ですが、本屋で見かけてビビっときた!そうか、フランス語を勉強したらジュール・ヴェルヌの本がフランス語で読めるのか! 海底二万里や地底旅行などSFの父で知られるヴェルヌの本をフランス語で読むってかっこいいな〜などとたわけたことを申しております。

語学って楽しい〜。

©2021 Neu Journal