いつかGlasgowで朝食を

英語・スペイン語・洋書・文通など趣味についてゆるく書いています

11月にDELEスペイン語検定 A1受けるかもしれない

受けるかもしれないというのは、先週あたりにスペイン語試験の受験料を支払い、申込書も郵送したのだが、特にメールなども返ってきてないため、受験が確定していないからだ。

10月6日が申込書必着日なので、間に合ってると思いたい。なにせ入門レベルの試験でも受験料が一万円を超えるので受けられないと困る。

受けるからには受からないとさらに困る。 なので最近はスペイン語を勉強しています。

2月からスペイン語クラスに通い始めたのですが、やっぱりただ語学教室に通うだけではダメで、語学学習は独学そして予習復習ありきだと確信した。

今の学習習慣はスペイン語よりも英語、特にIELTSのための勉強が中心となっているので、どうしてもスペイン語学習は後に回してしまいがち。

毎週一回通ってるクラスでは、なんとなく先生の言っていることは分かるが、よく分からない。基礎もきちんと理解しているわけでもないのに、授業は進み、クラスのレベルも入門から初級レベルのA2に進んでしまった。

A2になるとテキストが一気に分厚くなり(そして高い)、ただ授業を受けてるだけではダメだと焦りを感じて、やる気を出す為にスペイン語試験 DELEを受験しようと決めたわけです。

そうすると、ほぼ毎日単語帳眺めたり、文法を勉強するようになってきました。そして毎日単語を眺めたり、声に出してみると少しずつですが、頭の中に単語が定着していきます。

覚えた単語は授業で使ってみると実際の使い方や先生の反応、返し方など実践できてさらに覚えると良いことばかりです。

でもまだ動詞の活用は難しい。なんで主語によってそんな不規則に変わるんや。

単語帳はNHKから出版されているものを使っています。これを一回15分ずつ区切ってひたすら音読してます。単語帳一日一周勉強法というのもあるらしいので、試験が近づいたらトライしてみよう。

文法は、最近では放送大学のテキストを使用しています。語学以外の目的で選科履修生として入学したのですが、やはり独学でやるより講義形式でかつ"日本語"で解説してもらえる方が理解力が全然違いますね。

試験は11月13日が本番です。それまでひたすら単語をやり、文法テキストを2週目に入れるくらいになっておきたい。

今週のお題「今月の目標」

©2021 Neu Journal